メリット

 

長期的な安定収入

 

賃貸経営は、耐用年数を考慮した建物を建築し事業が軌道に乗れば、後は数十年にわたり 毎月安定した収益が期待できます。景気の波にも大きく影響されることなく、また地域性にも大きく左右されません。
開業に際しても 特別な手続き、免許等はいりません 。税務関係で税務署に書類を出す程度です。

 

手間・人件費をかけずに運用も可能

 

賃貸マンション経営の場合、軌道に乗れば他のビジネスに比べて運用に要する手間は少なくて済みます。
マンション完成後はオーナーさま自身で、あるいは管理会社に家賃の3~10%程度の手数料を支払って運用を依頼すればいいので、一般企業のような人件費や労務管理はかかりません。

 

資産が目減りしない

 

マンション経営は物価にスライドさせることができ、家賃が目減りしない投資なのです。
現在のデフレからインフレに移行した時には家賃を 値上げでき、資産の目減りが起きないという最大のメリットを得ることが可能です。

 

各種の節税効果が期待できる

 

建物の法定耐用年数
木造 22年
鉄骨造 34年
鉄筋コンクリート造 47年

更地に賃貸マンションを建てることで土地の評価が下がり、相続税や固定資産税などの節税効果が図れます。
さらに鉄筋コンクリート造マンションでは、木造造りの約2倍の耐用年数を持つため、所得税に関しても節税対策 で大きなメリットがあります。

物件情報

企業・法人の方へ

賃貸Q&A

入居までの流れ

リンク集

オーナー様へ

メリット

管理体制について

トラブル対応

充実のサポート

オーナー様向けリンク集

お役立ち情報

宇都宮市のアパート

宇都宮市の賃貸マンション

宇都宮市の貸家・一戸建て

はじめて宇都宮に住まわれる方へ(宇都宮の不動産)

店舗紹介